車庫証明

当事務所では、車庫証明の申請や、名義変更などの手続きに関しても承っております。

自動車関係でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

車庫証明とは

自動車を登録する際に、法律に基づき車庫証明(正しくは自動車保管場所証明)を取ることが義務付けられています。

車庫証明は、自動車の保管場所の地域を管轄する警察署で手続きをします。

【車庫証明が必要となる場合】

・新たに自動車を取得したとき

・引越しをして保管場所が変わったとき

・車庫の場所を変えたとき

※車庫証明の交付を受けずに自動車の登録はできません。

車庫の確保は法律に定められています。

これに違反した場合は、3ヶ月以下の懲役あるいは、20万円以下の罰金が科せられます。


【車庫証明を取るための要件】

・道路以外の場所である。

・自動車全体が収まる大きさがある。

(道路にはみ出たり、カーポートなどの屋根に当たるようだと証明が下りません。事前に確認しておきましょう。)

・自宅(使用の本拠の位置)から2km以内である。

・24時間、いつでも道路から自由に出入りできる。

・駐車場/自宅ガレージ/空き地など、自動車の保管場所として使用できることを本人、または他人が証明できる土地である。


■新規登録

自動車を使用する場合は、必要な登録手続きを行い、お車にナンバープレートを付ける必要があります。

なお、登録手続をする際にはご自分の住所を管轄する運輸支局・検査登録事務所で行う必要があります。

【必要書類】

自賠責保険証明書

申請書

車庫証明書

所有者の印鑑証明書

※上記は一般的な必要書類です。

場合によっては別途必要書類を提出しないといけません。


■移転登録

家族や友人から自動車を譲り受けたり、譲り渡した場合、また個人売買で自動車を取引されたときには、

新しい名義人の住所を管轄する、運輸支局において名義変更を行います。

名義変更の手続きをしていないと、いつまでも前の所有者に自動車税の納付書が届くことになります。

また、事故を起こした時の保険の手続きなどが面倒になります。

このようなトラブルを避けるためにも名義変更は必要です。

早めに手続きを行いましょう。


■抹消登録

自動車の使用を停止(売却ではなく)する時の手続きです。

次のような場合に、この手続きが必要になります。

・登録を受けている車の使用を一時中止する場合

・車が滅失・解体などによって使用できなくなった場合

・車を輸出する場合

抹消登録がなされると、自動車税の納付の必要がなくなります。

また、再度登録する場合には、抹消登録証明書が必要となります。